【東京茶について】

 

東京でもお茶を生産しているんです、というと

へぇ~?どこで??と言われることがほとんどです。

日本には、三大茶と呼ばれるお茶の名産地があります。

京都の宇治茶・静岡の静岡茶・埼玉の狭山茶です。

その三大名茶のひとつ、狭山茶。

かつて、狭山茶の生産地域は埼玉県と東京都の県境にありました。

しかしながら、1943年の行政区分により埼玉県と東京都に分割されたのです。

それ以降、今でも茶畑の多い東京都北西地域では、

昔ながらの”深蒸し製法”でお茶を生産しています。

私たちは、この深蒸し製法で作られたお茶を「東京茶」として販売することに致しました。

東京茶の栽培法の大きな特徴は、春と夏の二番茶迄の収穫数です。

年に2度しか茶摘みをしないことにより、肉厚で甘味のある茶葉が育ち、濃く渋い味に仕上がります。

ぜひ一度、ご賞味ください。

 

 

 

[About Tokyo Tea] 

 

When we say some tea is produced in Tokyo, most people reply, “Really? Where in Tokyo??” 

There are three major tea production areas in Japan: 

Uji Tea of Kyoto, Shizuoka Tea of Shizuoka and Sayama Tea of Saitama. 

Yes, Sayama Tea is one of the three majors. 

The production area of Sayama Tea used to be on the prefectural border between Saitama and Tokyo. 

However, 1943 change in the administrative division officially divided the area between the two prefectures. 

Since then, the northwest part of Tokyo where still is the home of many tea farms has been making “Tokyo Sayama Tea”
with the traditional “Slow Steaming Method”.
 

The biggest characteristics of Tokyo Sayama Tea is the number of production timings
– spring and summer or the second flush.
 

By limiting the tea picking to only twice a year,
we can grow thick tea leaves with delightful sweetness, which make powerful and bitter tea.
 

Additionally, the special finishing technique called “Sayama Heating”
to heat at the low temperature for a long time gives the sweet and rich taste unique to Sayama Tea.

 

Why don’t you try the flavorful Made-in-Tokyo tea?